地上に舞い降りた天使

ブログトップ

<   2004年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

なっちコン千秋楽inパシフィコ横浜

a0014986_15130.jpg
さぁ、いよいよ今日は、なっちの記念すべき1stコンサートの千秋楽です。
思えば、ツアーの初日6/12は雨、そしてラストの今日も雨。
梅雨を考えれば、後の5日間は、全てなつみ日和でした。
6/12は、なっちの初ライブという事で涙、今日はラストという事で涙かも・・・。
↑自分の中での話だけど、今日の雨は、なんかそれを象徴してくれているみたい。
なっちは、歌を歌いきりたいと思っているので、グッと来てもなるべく泣かない様にしているらしいですね。
1.25の横アリの時もそうだったし。
でもね、今日はなんとかしてなっちを泣かせてきますよ(笑)。

あと、今日は撮影が入ると思うんだけど、頼むからバカな雄たけびとか(ry。
自分の野太い声を映像と一緒に記録する・・・なんてバカな考えは持つなよ!。

<現在14時>
さて、シャワーに入って身を清めてから横浜に向けて出発します。
晴れてきました。雨 晴れ のち好き っていう感じですかね(笑)。

<現在日付をまたいでAM1時50分>
今日はDVDの撮影が入っていました。なのでMCのネタバレは無しで。
1つだけネタバレしとこうかな。なっち感極まって泣き出しそうでした。。。
あと、ライブ前に気合入れの為に美容院に行ったそう。
ちょっと茶色が入っていた様な・・・。
ドラマも終わって黒髪は封印したのかな。。。

なっちも夢だったソロコンサートが実現して、とても嬉しそうだった。
それに、とても幸せそうだった。
なっちにとって一生忘れられない出来事の一つになるんだろうな・・・。
なっちの幸せ=オイラの幸せ。なっちの夢に付いて来てほんと良かった。
秋コンまで、あと二ヶ月弱。ほんと長いね・・・。待ち遠しいよ。

なっち イッパイの幸せを有難う。
裕ちゃんと圭ちゃんもお疲れ様でした。

なっちコンの曲ごとの感想は、明日(今日)にでも。
これからお風呂に入って寝ます。幸せな一時を噛み締めながら・・・。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-30 11:33

なっちコンinパシフィコ横浜 2日目  

a0014986_32338.jpg
さてさて、今日もなっちに逢いに横浜まで行ってきました。

開演頃に、東海道線に置石があって電車がかなり遅れたらしい。
ヒヤヒヤした方もおられるのでは(笑)。

今日はツアーの中でも中日なので、客の入りをまたまた心配しましたが、8割以上埋まっていたと思います。
平日だっていうのに、暇な奴が・・・。なんて書くと、オマエモナーなんて返されそう(^^ゞ。

それでは、今日の一人MCでも。
昨日ライブが終わってう家に帰ろうと思ったら、携帯にメンバーからのメールが沢山入っていた。
普段携帯にメールあんまり来ないんだけど、昨日はイッパイ来てて、家に帰りながら全員にメールを返して、その後お風呂に。
お風呂にDVDやラジカセ・携帯電話を持ち込んでのんびりした。
最近のラジオ番組って面白いね~とか、お風呂に携帯っておかしい?。
濡れた手で携帯を触るとマズいので、タオルで手を拭いてから触るようにしてさ~。
あと、お母さんが今家に来ていてさ、朝起きたら朝ごはんが用意されていて、なんか緑緑した自家製山盛り無農薬野菜が山盛りになっててさ、それを食べたんだけど、、緑っぽい味がして、他にもワカメとか、あれ食べなさいこれ食べなさいって言われて、ちょっとムッとしたけど感謝してます。

なっち、裕ちゃん、圭ちゃん3人のトーク
思い出のPVとかある?って話。
裕ちゃんがDHOMの撮影前日に髪を短く切りすぎて、当日なっちに泣き付いたって話を寸劇で再現。
扉を開けて(たマネ)入ってきて早々になっちにすがり付いて泣く裕ちゃん(笑)。
後は、
圭ちゃん:サマナイの頃、みんなで白いソファーとかに座って写真を撮ったね。
なっち:うん、撮った撮った 家に今も写真があるもん。
裕ちゃん:私はそんな写真1枚も無い、とふてくされる(笑)。
圭ちゃん:今度カラーコピーしてきてあげる。
裕ちゃん:カラーコピーって!。
圭ちゃん:だってネガが無いんだもん。
裕ちゃん:それじゃあ明日までに持ってきて!。
と、こんな内容。

アンコール後のなっちのMC。いつものMCの後・・・。
ちょっといいですか?。(と袖にいるスタッフに確認を取るなっち でOKサイン)。
最近周りに自殺の話が多く、実際はお会いしたかとが無い方なんですけど、今自分が唄っている歌(だって生きてかなくちゃ)もそうだけど、人間っていうのは恐竜時代からさあ・・・って遡りすぎかっ(自分でツッコミ入れながら照れる)。
人っていうのは、こうやって生きてきて、みんながここに居るって事を大切にして下さい。みんなには生きて欲しい。本当、みんなにまた会いたいので、次も絶対会いに来てね。
みんな生きて!   って伝わってるかな?。

と、こんな感じでした。
最後の話は、ジーンと来ちゃいましたね。
なっちは、毎回MCを変えてきてくれます。ミュージカルの時もそうでした。
最近の娘。コンとかじゃ決まりきった台本そのままだからね。
人数が多いからしょうがない部分もあるだろうけども。
なっちは、今日は何を話そう、明日は・・・なんて寝る時に考えたりしているんだろうな。
たまに詰まったりしながらも、自分の言葉で話をしてくれるなっち。
ほんといいですよ、こういうのは。なっちワールド全開!!って感じで。
時間が許す限り、いつまでも聴いていたいと思うからね。

そういえば、こんな事も。
「DO MY BEST」のラストで、タイミングを誤まる裕ちゃん。
圭ちゃんは、喉の調子が悪いのかな・・・。微妙にかすれた感じで声が出ていなかった。

さて、明日はなっちコンのファイナルです。
始まるまでは長かったけど、明日1日を残すのみ。
明日の公演が終わっちゃうと、暫くなっちには逢えないんだよな・・・。

明日も、なつみ色に染まってきます。
<現在の時間 AM3:25> もうそろそろ寝ないと・・・。
おやすみ なっち(はぁと)
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-29 23:51

なっちコンinパシフィコ横浜

a0014986_15921.jpg
パシフィコ横浜のなっちコンに行ってきました。
19日の中野公演が終わって今日で9日。
なっちに逢いたくて、歌が聴きたくてどうしようもなかったよ(笑)。

今日は平日、しかも4500位入るハコ。
ちょっと心配していたんだけど、3階席のみが8割位で、後はほんとん満席だったらしい。
平日にも関わらず、なっちに逢いに来てくれた人がこんなにいたとはねヽ(´ー‘)ノ。
女の子や子供も2階席に結構いたらしい。嬉しいね、こういうのは。

今日のライブも、なつみ色全開でした。
行けなかった方の為に、ちょっとMCの内容でも。
ほとんど某所から拾った内容+思い出し書き(^^ゞ。

「仔犬のワルツ」の最終回は、家で見られたそう。
結末演じたから知ってるんだけど実際リアルタイムで見ると、葉音ちゃんが慎也に「警察行って!」という場面は「えーっ?!」みたいな(笑)。
あと、昨日あったデジドリの話。
NHKホールに着いて車を降りたら、ののがいきなり来て抱きついて来た(笑)。
で、娘。の楽屋に挨拶に行ったら、メンバーや娘。マネにまでワルツの最後のシーンは一体どうなったんだと質問攻め。
矢口は、「なっち、最終回見たけど、なっちは死んじゃったの?どうなの?」と(笑)。
矢口は一家全員どうなったかをなっちに聞くように命じられてきたらしい。
ここの楽屋は、入り口がカーテンで仕切られているだけで、娘。がなっちの楽屋を通った時に、あいぼんが一発ギャグをやったり、圭織が「安倍さ~ん 出番です!」なんて言ってからかったり。

なっち、ゆゆ、圭ちゃんの3人のトーク。
娘。時代に地方に遠征したり、海外に行った話。
なっちが、バリ島で圭ちゃんとオイルマッサージに行った話。
あの時裕ちゃんは?となっちが聞くと、あたし、知らない」、「ってか、誘われてない。」と言ってふてくされる(笑)。
あと、ハミルトン島に行ったときにワラビーと戯れたとか、九州にライブで行った時、メンバーの何人かで電器屋さんや映画館に行って、その後ラーメン屋さんに並んで入ったという話。
裕ちゃんに背中を向けて圭ちゃんと話すなっちに裕ちゃんが、またふてくされる(笑)。
その後共通の話題を探して上海行った時に覚えた「こんにちは、私たちはモーニング娘。です」というのを3人で中国語で披露。
「ニーハオ」と言おうとして出だしが合わず、裕ちゃんがいじけるそぶり(笑)。

ハプニングとしては、「黄ブン」の時、胸のボタンかホックが外れて照れながらうしろ向いて直していました(萌)。
その後、裕ちゃんに「見せて!見せて!!」ってツッコまれていました(笑)。
あと、なっちがはしゃぎすぎて、マイクが圭ちゃんの顎にヒットしちゃいました(^^ゞ。


こんな所でしょうか。ほんとこの二人がゲストでヨカッタです。
後藤コンでは、なにやら稲葉のあっちゃんの1コーナー?で、ヲタ芸の三種の神器をするコーナーがあったらしい。
なっちコンには、そんなの(゚⊿゚)イラネ。なっちコンは、あのマターリ感がいいんだから。
後藤コンに行った事の無いし、その1コーナーを見てもいないオレが言うべき事じゃないだろうけど、そんなのあってもヲタ芸なんてしないですから、オレは。
そんなんで会場との一体感なんて感じたくもないしね。

その後藤コンだけど、ヲタの態度っていうのは素晴らしいらしいね。
MC等の聴く所は聴く、バラードのナンバーで騒ぐバカはいない、盛り上がる曲はとことん(笑)。
今日のなっちコンは、なっちのMC中に大声で叫ぶバカが後ろにいました。
後ろ向いて「五月蝿ぇな!」って(小さな声で(^^ゞ)言ったけど、聴きやしない。
こういうバカが素晴らしいライブを台無しにしているんだよな・・・。
どっか逝ってくれ。ちゅうか、なっちコンに来るな!!(怒)。

気を取り直して、このライブも、あと29,30日の2公演を残すのみ。
「またなっちに逢いに来てくれる?」というなっちに今日も指切りで約束したから、明日もなっちに逢いに行ってきます。
なっち、今日も有難う そしてまた明日もヨロシク。


そうそう、今日の公演に娘。さんの何人かが来ていたみたいです。
全く知らなかったけど、分かったとしてもなっちから目を離す事なんて出来やしない。

オレの真正面で、オレを見つめて歌ってくれた「ひとりぼっち・・・」、最高でした。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-28 23:21

表現者 安倍なつみ

a0014986_205126.jpg
今、BSドリームライブになっちが出ています。
生で見たかったな・・・。

さて、昨日で終わった仔犬のワルツですが、どこで見ても感想はほとんど同じ。
犯人は誰だ?とか、葉音のノッティは誰の子供だったとか、終わりのシーンは・・・
なんて。

昨日書いた様に、そんなのどうでもよくなっちゃったから、このドラマでのなっちについてでも。
盲目の悲劇のヒロイン葉音を演じたなっち。
彼女の演技に圧倒されっぱなしだった。葉音という役を自分の物にしていたと思う。
ほんと素晴らしかったと思う。特に、あの長台詞。
時には優しく、そして力強く、時には狂気的に・・・。そんな事を感じていた。
視聴率の問題、風潮その他もあっただろうけど、最後まで表現者としての気持ちが
切れる事は無かったでしょう。
なっちの心のこもった迫真の演技に何度も感銘した。
伝えるという事を常に考えて、このシーンはどのようにしようとか、いろいろと試行錯誤しながらだったろうと思うけど、女優安倍なつみとしてのキャリアの中でもいい刺激になったし演技の幅という物も徐々に実感として掴んできたと思う。
有名俳優と競演出来たというのもプラスになったと思う。
先輩方のいろんないい所を吸収して勉強も出来たでしょうしね。

このドラマの主演が決まった時、もっとも嬉しかったのは、ヲタだけじゃない、安倍なつみという魅力ある存在を世間一般のいろんな人に知ってもらえると思ったから。
残念ながら視聴率は振るわなかったけど、ドラマを見ていた人には、安倍なつみは娘。出身のただのアイドルではないという所を魅せ付けたと思う。

一番の心配は・・・。
前にも書いたけど、安倍なつみは数字が取れないと思われてしまう事。
あのドラマは、脚本がね・・・。辻褄が合わない事が多すぎだし、無理に最終話でこじつけした部分もかなりあるし、最後の結末。
良くも悪くも野島ワールドっていうのに引っ掛けまわされた感じ。
なちヲタの贔屓目無しで、なっちの演技はヨカッタと思う。
それだけに、そういうレッテルを貼られるのだけは勘弁して欲しい。
あのドラマは、誰が主演だったとしてもダメだったでしょう。なっちの所為じゃない。
あとね、なっちには笑顔満載の役柄を是非ともやって欲しい。
なっちの一番の魅力は、やっぱり笑顔なんだから。


なっちは、こんな事を言った事が・・・。娘。時代の発言ですが。
自分で枠を決めないで、いろんなことをやっていきたい。来た仕事を全力でやってみる。
とりあえずやってみる。曲にしても、もらってまず「これは無理だよ」って思うんじゃなくて、一生懸命やってみることでとっかかりを見つけたいんです。映画にはすごく興味があります。映画でもドラマでもいろんな役をやってみたい。歌も、すごいしっとりとしたバラードを歌ってみたい・・・・・自分を試したいんですよ。
自分がどこまでできるのか見てみたい。そしてどんな形ででも、見てくださる方に元気や勇気を与えられたらいいと思います。

モーニング娘。は次々いろんなことに挑戦できる場だから、大事にしたいです。ひとつのジャンルに縛られなくていい。「女優」とか「歌手」とか決めてしまうと、そこで壁にぶち当たったら逃げ場がないと思うんですよね。でも私たちにはいろんな仕事があって、次々待ってるから、負けるわけにはいかない(笑)。今日のイヤなことは今日のうちに忘れて、明日は明日の風を受けて進むんです

力強い発言だと思わないですか?。
自分の可能性を信じ、いろんな物に挑戦したいという気持ちや伝えるという気持ち、こういう事をずっと持ち続けてくれる限り、ボクはなっちから離れられないと思う・・・。

やっぱりオレにとって永遠に

な っ ち は 天 使 !


おっと、なっちの「だって生きてかなくちゃ」が始まる。
相変わらずヲタ声が五月蝿えな(怒)。バカの一つ覚えかよ!。
バックダンサーも、やっぱり不必要だな。全く意味が無いし。。。

来週のからの土9は、ワルツの再放送を見ていると思います(爆)。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-27 20:36

仔犬のワルツ最終話

a0014986_232632.jpg
いよいよです。あと5分後と迫ってきました。
なっちは、今日日テレにいろいろと出まくっていたけど、今、この時間TVの前で
放送が始まるのをドキドキしながら待っているのかな・・・。

とうなる? 葉音の運命は???。



で、見終わりました。。。
なんて言うかね・・・。ドラマを見た後に。いつも行くチャットに出たんだけど、いつもみたくアホな事を書く気力が沸かないんです。
葉音の、芯也を思う一途な心っていうものにね、やられちゃいまして。。。
「これから警察に行って」だなんて。。。
逮捕されたら死刑になるっていうのは葉音も分かっていた筈。
だけど、「貴方が何処に行っても心は離れない・・・」だなんて・・・。
「待っている ずっと変わらない」だなんて・・・。
離れていても一生芯也の事を愛し続けるっていう事でしょ。
もうね、ほんと居たたまれない気持ちでイッパイです。

最後の1発の銃声。
視聴者に、その後の展開をいろいろと考えてもらうっていう意図でしょう。
連続殺人の犯人は誰?とか、相続争い、そんなのどうでもよくなってきちゃったよ。
今は、そんな心境です。

芯也と葉音の結構式のシーン。なっちが凄く綺麗だった。
あのシーン。あるだろうなと思いつつ、していないみたいなんでヨカッタよ(^^;。
あのシーンだけは、妙にドキドキしちゃったからね(^^;。
このドラマで、葉音をなっちとして見る事は余り無かったけど、やっぱりね(笑)。

あのシーンが撮影された場所は、ベストショットvol.1で、なっちが「なんにも言わずにI LOVE YOU」を歌った場所でしたね。
あんな場所でオレもなっちと・・・。

なっちを始め番組に関わった皆様 お疲れ様でした。


なっち ヤンタン復帰おめでとう!

関東地域では、まず聞けないんですけれどもね(^^;。
それはいろいろと・・・。○○凡さん、宜しくお願いします。
○○ばちさん、もしよろしければ、以前の様に。ご面倒でなければ。
↑面倒でしょうけれども(^^;。

なっちのレギュラーの生声っていうのも凄く久しぶりだなぁ。
ほんと嬉しいですヽ(´ー‘)ノ。
22歳のパックンチョが聴けるからっていうのではなくね(^^;。
エアモニ。が終わり、今までなっちの声として伝わってきたのって、エッセイ集とかからだけでしたからね。
なっちの一人喋りじゃないけど、この日が来るのをずっと待っていました。
なっちにとってラジオっていうのは特別な存在だと思うのね。
元々ラジオっ子だったし、ラジオから流れてきた曲に救われたというのあるからね。
ラジオっていうのは、その時その時の思っている事をストレートに表現して伝えてくれる。
そういう意味で、オイラはTVの映像以上にラジオを大切にしているんだ。
今度のは一人喋りの物じゃないけど、なっちからいろんな話が聴けそうだな。
エアモニ。も復活して欲しいね。絶対に帰ってくると約束してくれたし。

寝る時は、いつもなっちがいた頃のヤンタンのMDを聴きながら寝ています。
ある時、なっちにとって仕事とは?とさんまさんが話を振ったんです。

なっちの答えは。これですよ。

凄く嬉しくなりましたね。この事は後ほどにでも。

いよいよ明後日からなっちコンの横浜3Daysが始まります。
なっちの心を聴きに3日間横浜に通います。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-26 20:55

仔犬のワルツ第十話放送

a0014986_184716.jpg
このブログですが、公開にしていた時の最高人数は80人(^^ゞ。
週の平均でも、毎日60人位の方がお見えになっています。
どうでもいい事ですが、ブログ公開設定を非公開にしました。
それにも関わらず、毎日40人以上の方が来られています。
読んでいて、どんな感想を持っているのかなって・・・。
別に、好きな事を書きたいから始めたんで、レスポンスはどうでもいいんだけどね。
アドレスを教えていない人で、たまたまココに行き着いて、しかもそれがなっちファンの人だったら、ちょっと嬉しいな・・・なんて(笑)。

昨日に引き続き、仔犬のワルツ第十話の放送でも。
この日は中野で、なっちのライブだったので、リアルタイムで見られませんでした。
なっちは、MCの時にワルツの事に触れて、番組が始まる時の「ポォーン♪」っていう音がすると、キタキタキター!!って思うそうで、見ている皆とリアルタイムでいろんな事を感じたいから、なるべく21時にTVの前に向かえる様にしていると。

こういう事を聴いちゃうとね、ドラマのいろんな場面でなっちと同じ事を考えながらとか、涙したりシンクロする部分もあるのかな・・・なんてキショいながらも思ったりして(^^ゞ。

で、ドラマだけど、選抜試験の事は、なんか意味不明なので割愛。
今回の見所は、葉音が船の上から海に突き落とされ、芯也が助けに行くシーン。

水の中 葉音を見つけた芯也
葉「無理よ、息が続かない・・・あなた一人で・・・」
芯「葉音」
葉「あたしは・・・とても・・・疲れてしまったの。このまま眠ってしまいたい・・・
やめて!あなたまで死んでしまう・・・殺してしまう・・・」
芯「君を置いていけない・・・君は今までずっと一人ぼっちだった・・・僕も同じだ。
この息が途絶えるなら、君のそばで同じように・・・」
葉「あなたには愛する人が・・・」
芯「罪悪感ゆえの思いだ。本当の愛とは違う」
葉「本当の愛?」
芯「僕は、それをまだ知らない。他人を憎み嫉妬し続けた僕には、決してたどり着けないのかも知れない・・・
僕には決して・・・」
葉「あなたを愛してる・・・初めからずっと・・・」
芯「それも本当の愛とは違う」
葉「それなら、二人で探しにゆくの」
芯「見つかるだろうか・・・」
葉「見つかるまで探すの」
芯「そしたら幸せに・・・」
葉「きっと・・・なれる」

美しい音楽、そして幻想的な映像。そして葉音を抱きしめる芯也。
見とれてしまったと共に、激しくく嫉妬しましたね。
安倍なつみとしてではなく、葉音と芯也の二人の想いに・・・。
こんな純粋なコなんて今時いないでしょ。ドラマだからって言うんじゃなくてね。
葉音っていうのは、真っ直ぐで心の綺麗なコなんだよなぁ。。。。

葉音が、生まれたばかりのプリマの赤ちゃんを見に行くシーン。
葉音のその時の笑顔はね、DEVILなんかじゃななくANGELですよ。
葉音は天使!!。

ドラマとしては、いろんな矛盾点が出てきているね(^^ゞ。
無理にいろんなサスペンス的な物を詰め込んだ弊害なのかね。
芯也は小さい頃から葉音の事を知っていたっていうのも一つ。
第一話で、芯也がシンデレラの靴の持ち主を探していたっていうのがね(^^ゞ。
謎については、今回、葉音にも手をかけようとした犯人の意図は?。
今回律子が殺されたっていうのもそう。殺される必要があったのか?。
しかも小鳥ちゃんが律子だったなんてw。
幸子と入れ替わっていた知樹っていうのも無理があるなぁ。
そして最後に葉音をさらって行ったのは宮西刑事だった。
これって、ただ犯人から守ったっていう事なんしゃないのかな。
芯也が言う「あの人」っていうのは?。誰をかばっているのか・・・。
ノッティや唱吾の母親っていうのもなんかあるっていう話だし。

まぁそれは最終回を見れば分かる!。
これだけ面白いのに、視聴率が悪いのが信じられないね。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-24 18:21

仔犬のワルツ 第九話放送

a0014986_191344.jpg
いやいや、遅くなりました(^^ゞ。
この放送があった6/13は、大阪でなっちコンがあって遠征していたんでね。
勿論ビデオに録画して、帰ってきてから何度も見ましたよ。

特Aクラスで残った葉音、聖香、ノッティ、幸子。
今度のテストは、草原に連れて行かれて檻の中でピアノを。
そこに野犬が現れて・・・。つまり野犬が、今度の一人の脱落者を選ぶという展開。
捨てられて人を憎んでいる野犬に対して、この4人はピアノという武器で戦うことに。
コンピューターマザーの予言で、残るのはGOD、ANGED、DEVILの3人になると。
つまり4人の中の人間を排除するという事に。
毎回よく考えるなと思わせる展開だなぁ(^^ゞ。

千世を見舞っていた芯也を探していたところ、芯也の思わぬ告白を耳にしてしまう。
芯也は、律子の事を愛していた。。。
芯也にしても、今までの葉音に接していた態度で・・・。なのに・・・。
芯也の告白を聞いた葉音に、侠気な部分みたいな物が感じられましたね。

ここで葉音の長台詞を。
「届かない・・・私の思いは届かないの・・・だったらどうしてやさしくしたの・・・
嫌い・・・みんな嫌い・・・大嫌い」
葉「ずっとずっと、あたしは我慢してきた・・・仕方ないなと諦めることを覚えたの
多くは望まない・・・望んでもかなうことはない・・・だからたった一つ・・・
ほかの事を犠牲にしても・・・たったひとつの思いがかなえば・・・それだけでいい
そして現実・・・その夢がかなって・・・あたしはあの人のそばに・・・神様はいるんだ
こんなあたしにも、やっぱりいるんだ・・・そう思えた・・・うれしかった
だけど本当は違った・・・あの人の心は・・・あたしには無い・・・
何をどう努力しても・・・このピアノを弾き続けても・・・あの人の心は・・・あたしには来ない
それならば何故・・・あの人のそばに私を・・・
後でがっかりさせて・・・それをどこかで見ていて・・・喜んでいるの?
そうだとしたら・・・あなたは神様じゃない・・・神様なんかいない
あたしは認めない・・・報われなくてもいい、そう思ったこともあった・・・ だけど本当は違う・・・傷つかないために・・・先回りして・・・そう言ってただけ
そんなことも分からないなんて・・・分かっていて、そんな現実を突きつけるなんて・・・
あなたは神様じゃない・・・絶対に違う・・・違う・・・違う・・・」

葉音の気持ちが痛いほど分かるよ。
「ほかの事を犠牲にしても・・・たったひとつの思いがかなえば・・・それだけでいい」
芯也の、あんな告白を聞いちゃえばね・・・。
小さい頃からの憧れが、やがて恋に変わっていった。
だけど芯也への想いは届かず、自分が報われることはないって知っちゃったからね。
長台詞の後、葉音は涙がこぼれた・・・。
あの時の葉音からは絶望という二文字しか無かった。
なっちの表現力っていうのは、毎回そうなんだけど、凄く訴えてくる物があるよ。

試験ですが、落ちたのは聖香。
野犬たちの反応から、GOD、ANGED、DEVILの意外な正体が・・・。
GODはノッティ、ANGEDは幸子、DEVILは葉音だった。
まぁすんなりと葉音がANGELになるとは思っていなかったけどね。

で、最後に葉音が協会で神様の前で懺悔するシーン。
葉「神様・・・あたしは怖いんです・・・あなたのことを悪く言ったのは
どうか怒ってでもいい、私の言葉を聞いて欲しかったからです
私の中に・・・いつのまにか・・・知らない・・・とっても・・・怖い顔をした私がいるんです
あの時からです・・・あの恐ろしい夢を見たときから・・・それは夢のようで、現実のようで
とてもとても恐ろしい・・・あの人のそばにいたいけれど・・・あたしは・・・これ以上いることが出来ません
あの夢が、もしも現実に起こるとしたら・・・あたしにはとても・・・耐えられないからです
水の中で・・・真っ白な服を着た私が・・・私が・・・バタバタと・・・水の中で・・・
あの人・・・」
芯「葉音・・・」
葉「あの人・・・あなたを・・・殺してしまう・・・」

この時のシチュエーション。
教会の中、綺麗なステンドグラスや蝋燭の火、そしてびしょ濡れで神様の前にひざまずき懺悔をする葉音。
これまた凄い表現力だった。伝えるっていう気持ちを大切にしているなっち。
「心で芝居を」と、主演する時のインタビューでも答えているし。
毎回見るたびに、新しい安倍なつみを見つける様で、ほんと凄いと思う。

なんか毎回ワクワクするような展開ばかり。
葉音は?、芯也は?、そして真犯人は?。
学長の命令で、水無月家の養子になる為にバイクに仕掛けをした芯也。
葉音は、鍵二と律子との間に生まれた子だという事。
鍵二の墓の骨壷に、鍵二の骨が無かった。という事は生きている?。
結局最後まで見ないと分からないって事だね。

この後どうなるんだろうね・・・。
葉音は幸せになって欲しいよ。。。


13日の夜公演のMCで、山梨県の方にロケに行って云々っていう話がありました。
その話は、この時のロケの物じゃないかな・・・。

明日の更新は、続けてワルツの10回目の放送についてでも(^^ゞ。
もうすぐ横浜3Days。なっちライブの事もいろいろと書きたいんだけども・・・。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-23 18:40

あっちいなっちを冷ますんだっ!

a0014986_20528.jpg
今日は暑かったですね。前橋は35.5°だって。
昨晩も熱帯夜だったっていうし・・・。

昨日は、ヲタ風邪の影響で仕事するのが辛かったけど、なんとか乗り切り、翌朝、仕事が終わった後、上野のヲタ店まで行って来ました。
大阪に遠征した時にも大阪のヲタ店には行ったけど、入り口で入場整理していた時点で中に入る気が失せちゃったので(^^;。

上野店っていうのは、いつも割と人が少なめで、今日は娘。さんの新写真が発売みたいだったけど、それでも店内には全部で8人ほど。
で、買ったのがなっちの生写真を10枚。
何かなって気になっていた、なっちのクリアファイルが、もう無くなっていたのは残念でしたね。
誕生月のメンバーのグッズは、全部売り切れていたけど、8月はなっちだからね。
こういう新商品の情報には疎いんだけど、ちゃんとこまめにチェックしないとなぁ。
あと、FCの会員証を持っていかなかったので、なっちのトレカも貰えず・・・。

その後、前に紹介した沖縄の食品等を扱うお店に。
で、また買っちゃいました。
ミキと甘なっちは、以前写真を一緒に掲載したけど、新たにこんな物が。
ゴマ入りていうのと、紅イモ(爆)。
ゴマ入りっていうのは、勿論ごっちん。紅イモのイモっていうのは・・・(笑)。
なっちゴメンねなっち

ところで、今年恒例のシャッフルユニットが発表されないですね。
ボクは、年1回のハロプロのお祭りみたいなもんだから、曲が不満でもどうでも良かったんだど、無いと逆に寂しかったり(^^;。
因みに、一番好きだったのは、一番最初のシャッフルユニットかな。
勿論、「黄ブン」が最高でしたね。「青スポ」や「赤い日記帳」も良かったな。

ハロプロ内のユニットと言うと、ごまっとうっていうのがありましたね。
あれは、ボク的には無しだったんだけど、将来的に画像の様な、なっち、ごっちん、ミキティみたいなユニットが出来たとしたら・・・。
まぁ、迷わず反対。なっちはソロとしてやっている訳で、いまさらユニットなんてものには加わって欲しくはないしね。

おっと、2004ドリームライブの抽選にことごとくハズレました。
職場の同僚に名前を借りて8枚位かな、出したんだけど・・・。
公開日は27日、パシフィコ横浜のなっちコンの前日なんですよね。
オクの相場は1万位。。。はてさて、どうしようか・・・。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-22 20:06

なつみ色

a0014986_1384.jpg
なっちコン中野2Daysが終わりました。

昨日の夜公演では、感動的な場面がありました。
そう、昨日は裕ちゃんの○×回目の誕生日でした。
昼公演は、その事の話題にはなった物の、あっさりと流していました。
夜公演では、何かあるだろうなと思っていたところ・・・
台車でゴロゴロと運ばれる、31本の蝋燭が立ったバースディケーキ。
スタッフさんが途中まで運んできてくれて、その後なっちが運んできました。
その時ね、なっちはスタッフさんに「有難う御座います」の一言。いい子だね。
で、それを見た裕ちゃんは、感極まって泣き出しちゃってね。
なっちも圭ちゃんも、笑顔、笑顔ですよ。
会場からも、割れんばかりの拍手と「おめでとう!」の声。
そして皆でハッピーバースデーの大合唱。
何度も沸き起こる裕子コールに、裕ちゃんも何度も涙を・・・。

なっちにとって、この二人、特に裕ちゃんっていうのは特別な存在だと思うのね。
苦楽を共にしてきた、絆で強く結ばれた仲間。仲間っていうか兄弟みたいな存在。
なっちのご両親からも娘の事を頼まれていたし、裕ちゃんは、なっちは娘。で一番手のかかった子だったとも言っていた。
16歳出で一人東京に出てきたんだから、慕っていた部分や甘えていた部分っていうのがあったと思う。
それだけに、今のなっちの成長した姿を、目を細めて見ているんじゃないかな。
なんかね、凄くあったかい気持ちになってきて、ボクもいろいろと昔の事を思い出しながら涙が溢れてきました。

MC明けの次の曲の「ふるさと」では、裕ちゃんは「今日は自分の為に歌って」と。
なっちが裕ちゃんの為だけに「ふるさと」を歌ったとしたら、激しく嫉妬ですよ。
だけど、今日ばかりはいいんじゃないのかな。

大阪を皮切りに中野と8公演が終わったけど、歌っている時のなっちの笑顔は最高に輝いているんですね。
長い事待ったなっちのソロコン、ボク(たち)も凄く嬉しい。
だけど、一番嬉しいのは、やっぱりなっちなんだろうな・・・。
いつも思うけど、あの空間にいつまでもい続けたい、そんな心境です。

また逢いに来てくれる?と会場に問い掛けたなっちと指きりで約束したからね。
パシフィコ横浜も3公演行きますよ。
なっちの幸せそうな笑顔に逢う為に・・・。
圭ちゃんが歌う「BEST FRIEND」の歌詞じゃないけど、

「なっちの笑顔に何度助けられただろ ありがとう ありがとう なっち」
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-20 13:09

バンパン♪

a0014986_112650.jpg
昨日の公演も、なっちの気持ちがイッパイ伝わってくるいいライブでした。
「すっごい楽しかった~」と笑顔で声援に答えるなっち。
この笑顔に逢う為に、今日も中野に行ってきます。

その前にワルツのビデオ予約をしとかないと。
昨日のMCで、ワルツの収録が17日にクランクアップしたそうです。
Mステの時も、大阪公演の時もロケの合間にやっていたんですね。
なっち、お疲れ様です。


<各スポーツ紙の記事>

 安倍は「(客席の)みんなのテンションがパーッとくる。自分で『落ち着け、落ち着け』と深呼吸しているけど、『なっちコール』を聞くと、もうドキドキ。でも、とっても楽しい」と興奮気味。「『モー娘。』の時のステージと違い、全部1人で歌も踊りも、衣装もおしゃべりも…。全てが見どころです」とノリノリだ。

この日の公演は午後と夜の2回。ともに客席の興奮を誘ったのは、シースルー?と一瞬、誰もが目をパチクリさせた真っ赤なドレスだ。安倍は「もわっとセクシーです。もう22歳なので…。叶姉妹が着たらすごいですね!」と、なっち流にトボけて笑わせた。ステージには、元「モー娘。」の保田圭(23)、中澤裕子(31)も“援軍”で駆けつけ、3人で「モー娘。」メドレーを披露するなどヒートアップした。

念願のソロツアーに「客席のみんなが私1人を見てくれているなんて…。やっぱり(モー娘時代とは)全然違いますね」と幸せいっぱいの表情。緊張感も違うようで「テンションを抑えるために舞台裏で深呼吸したり、それでもダメならキャーッて叫んだりしてます」と明かした。

これまで15分の1だった声援を一身に受けることに「気持ちがガーっと上がっちゃって、テンションを抑えるのが大変」と嬉しさを隠し切れないが、「歌も踊りも、しゃべるのも全部1人。もっと頑張れると思いながら毎公演やってます」と気を引き締めていた。

衣装も7着用意。中には、安倍が「えっ、こんなの着てもいいんですが」と言ったシースルーのセクシードレスもあり、大人のなっちも演出。安倍は「歌はもちろん、しゃべりも踊りも全部1人ですのでとても忙しいです。観客のテンションが高くて緊張したけど、とても楽しかったです」とコメントした。

12日から始まった初めてのソロツアー。「ドキドキしますけど、楽しいです」と初体験に笑顔を浮かべた。
これまでモー娘。としては数多くのコンサートをこなし、もっと大きな会場でも歌っている安倍だが「ステージに出る前に『落ち着いて、落ち着いて』って自分に言い聞かせてます」とプレッシャーもひしひし。「ソロの人ってすごいんだなって初めて感じました」とモー娘。ではありえなかった緊張感を口にしていた。
[PR]
by natsumilk723 | 2004-06-19 11:28